村雲登山部  規約

 

 

 

第1条(名称)

  名称は「村雲登山部」とする。以下、「本登山部」とする。

 

第2条(所在地)

  本登山部の所在地は代表者の居住する住所地をもってその所在地とする。

 

第3条(運営目的)

  本登山部は安全に登山を楽しむ機会を提供することを運営目的とし、これをもってさまざまな価値観や自然に触れ、

  自己を高められるような場を提供することを目的とする。

 

第4条(活動内容)

  本登山部は第3条に定める目的を達成するための次の活動を行う。

 

   1、多紀連山を中心とした登山活動の企画、催行。

 

   2、篠山市東部、村雲地域の山における環境保全および整備。

 

   3、登山用品の購入に関する助言、及び、推奨登山用品の紹介。

 

   4、傷害保険加入に関する助言。

 

   5、オリジナル登山部グッズの制作販売。

 

   6、登山を活用した地方における観光支援事業。

 

   7、上記のほか、登山に関連する一切の活動。

 

第5条(組織)

 

   1、本登山部は「部員」及び「クラブ会員」で構成する。

 

   2、本登山部は部員の中より次の役員を置く。

 

   ①代表  1名

   ②副代表  2名

   ③登山部長

   ④会計

 

 

   3、上記役員の任期は就任の時から2年を経過した年度の終了の日とする。

    任期満了の時において2ヶ月前までに自らの意思により役員会に対して辞任の意思を表示しない場合は重任することができる。

    この場合の任期も2年とする。

    なお、後任の役員が決まらない場合は後任の役員が決まるまで権利義務を有するものとする。

 

   4、代表が欠けたときは役員会において、多数決により新たな代表者を定める。

 

第6条(代表の役割)

 

  代表は本登山部を代表し、登山部業務を統括する。

  代表は意思決定を要するときは副代表、登山部長の意見を聴くように努めなければならない。

 

第7条(活動年度)

 

  本登山部の活動年度は毎年1月1日から毎年12月31日とし、会計年度も同様とする。

 

第8条(加入条件)

 

  本登山部への加入は下記の要件を全て満たす者とする。

 

  本登山部は「部員」と「クラブ会員」で構成する。

 

  1、「部員」

   村雲地域に在住する者、村雲地域の事業所に従事する者、かつて村雲地域に居住した事がある者。

   本登山部が企画した登山、および催事に年間一度以上参加することのできる者。

 

  2、「クラブ会員」

   居住地においては、場所を限らず、本登山部の規約に同意をし、自然を愛し、登山を楽しめることのできる者。

 

   以上の要件を満たす者と代表が判断し、代表が部員、クラブ会員への加入を承認した者。

 

第9条(脱退申出について)

  部員、クラブ会員が本登山部から脱退を希望する場合は、あらかじめ代表、または副代表への電子メール、

  または電話にて連絡する方法によるものとする。

 

第10条(強制脱退命令)

  下記に定める事項のいずれかに該当する場合において役員会で判断した場合は、

  該当する部員、クラブ会員に対し、代表は強制的に脱退を命ずることができる。

 

  1、本登山部規約、内部規定に違反した者

  2、「安全登山」に反し、客観的に危険性の高い登山を頻繁に行う者。

  3、本登山部部員、クラブ会員に対するストーカー行為、宗教や商品等の執拗な勧誘行為等、迷惑行為を行った者。

  4、反社会的行為、犯罪、登山マナーに違反する行為を行った者。

  5、暴力団、その他反社会的組織に属し、または近い関係であることが判明した者。

  6、自ら参加を表明した企画に関し、無断欠席、無断遅刻した者。

  7、その他、本登山部の運営目的設立背景に照らし、本登山部の部員、クラブ会員であることが望ましくないと判断される者。

 

第11条(部費、クラブ会費)

  年会費、および入会費はこれを徴収しない。

  但し、部員、クラブ会員間の親睦を深める目的として役員から使途を明示し、

  臨時的に任意での費用の負担を求めることを妨げない。

  また、各活動時においては参加者全員による「実費等分負担」を原則とする。

 

第12条(営利事業)

  本登山部が行った営利事業において利益が生じた場合は、その利益は本登山部に帰属し、

  役員会の判断に従い本登山部の運営目的に沿って適切に活用するものとする。

 

第13条(免責事項)

  本登山部活動中(移動中を含む)において生じた山岳事故、遭難、その他一切の事故については、

  本登山部および、代表、副代表、登山部長、企画におけるチーフリーダー、サブリーダー、

  同行していない顧問である山岳ガイド、はいかなる責任も負わないものとし、各自の自己責任とする。

  各部員、クラブ会員(役員を含む)間の損害賠償請求については、これをあらかじめ放棄する。

 

第14条(活動の休止、または解散)

  本登山部は「安全登山」が第一であるとことに鑑み、登山企画において、

  なんらかの山岳事故が起きた場合においては代表、および副代表の決議に基づき活動を休止、または解散するものとする。

 

第15条(本登山部規約の改定)

  本登山部の規約は代表が必要と判断した場合に役員の過半数の同意を得て適宣改変することができる。

 

附則

  本登山部規約は2016年8月11日より施行する。